食洗機(Panasonic NP-TA1)を買った話

誰しも食洗機への憧れってあると思うんです。

我が家でもずっと欲しいと思っていましたが、食洗機って意外と大きいですよね。

実物を見ると、設置できる場所がないなと感じてしまい、諦めがちです。。。

 

しかしながら、よく調べてみるとシンク上に置くことも可能ですし、
冷蔵庫を動かして棚を設置する等々やりようはあるようです。

 

ということで、思い切って、冷蔵庫をずらす→シンク脇に棚を設置→食洗機を設置の方式で
導入することとしましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

①食洗機を選ぶ

あまりメーカーの選択肢はなく、Panasonic一択のようです。

他には象印とかあります。

容量は5~6人分対応のものが良いです。
基本、夜に1日分をまとめて洗う方が多いと思いますが、
そういう方は1人暮らしの場合でも5~6人分入るものがオススメです。

プチ食洗機は食事が終わる毎に食器洗いする方向けといった容量です。

ランキングを見るに、

2017年 NP-TH1、NP-TA1

2016年 NP-TR9

この3機種からどれか選ぶ形かと。2017年製と2016年製で価格差はそこまでないようです。

TH1とTA1の違いはEcoモードか何かの有無だった気がします。

どうせ標準モードしか使わないだろうということで、NP-TA1としました。

ちなみにプチ食洗機の方だと中古もあり、2~3万で買えます。全然価格違うw

 

②設置棚を選ぶ

設置棚に必要な要素は

・シンクより高さが高い:排水のためです

・耐荷重:食洗機自体は20㎏そこそこですが、運転時は水が入りますので50㎏ぐらい必要です

・防サビ

防サビはなくても良いやもしれませんが、扉を開ける時や食器の出し入れ時に
水をこぼす可能性もあるので、ついていた方がbetterです。

ということで、ルミナスラックにしました。

 

ルミナスラックだけですと、網目に食洗機の足がはさまる恐れもあるので、
ステンレス台も購入。こちらは純正のN-SP3にしました。

別にSUSである必要性はあるのか?と疑問ですが、面倒くささに負けました。。

 

③設置工事とか

設置工事はビックカメラやヨドバシカメラで工事発注だけでも可能です。

店舗に行くなり、電話するなりで注文できます。

ちなみに、価格は以下です。

ビックカメラ:約5,000円(出張費込み)

ヨドバシ:約9,000円(出張費込み)

 

この時、分岐水栓が必要になりますが、工事と一緒に頼めば業者が用意してくれますが、
自分で購入した方が安価です。

分岐水栓の型番はココで調べられます。

分岐水栓は準備して、『分岐水栓の設置+食洗機の設置』というオーダーをしましょう。

設置自体は1時間もかからないかと。

 

④実際に使用するときのモードなど

まだ試行錯誤中ですが、個人的にはスピーディ+扉を開けての自然乾燥 で十分でないかと。

標準モードは、30分ぐらい洗う→30分乾燥→2時間送風なので鬼時間かかります。

送風というのは食洗機内を乾かすやつですね~。

超ざっくりですが、1回食洗機を使うと15円かかるんですね。

そのうち、13円が乾燥にかかります。ので、ただ洗うだけが経済的には宜しいですね。

まぁ、大した額ではないのですが・・・。

 

汚れに応じて設定は変えられるので臨機応変にといったところでしょうか。

 

⑤感想

食洗機導入のメリットは

・自由な時間がふえる

・洗剤による手荒れを防げる

・あ~食器洗い嫌だなぁという負の感情の減

ですかね。

音もそんなしないです。テレビ聞こえるぐらいの音です。

ということで、オススメです!!

 

 

スポンサーリンク