防災グッズを見直しました

大阪での地震をうけ、我が家の防災グッズを見直しました。

優先順位

防災グッズを見直すにあたり、本当キリないな・・・と思いました。

ですので、まずは優先順位というか、こういうものから用意しよう!!というルールを自分の中で設定するのが良いと思います。
ネットでも色々調べて、考え方としては以下です。

こちらのサイトを参考にしました。

  • 0次の備え 常に携帯しておく@常時
  • 1次の備え 安全な場所に避難するための持ち出し品(人命確保を優先)@非常用袋
  • 2次の備え 避難生活が長期(1週間)に渡った際の備蓄@自宅に備蓄

それぞれ以下に記載します。

0次の備え

  • 水(重いけど・・・)
  • 眼鏡/コンタクト
  • 衛生用品(生理用品やおむつ)
  • マスク

通勤中に地震に遭遇した場合、まずは近くの自販機で飲料水を手に入れることを意識。

笛の信号で覚えておくべきは、2・5・2=生存者アリ です。

コンタクトと生理用品は少量でもいいから持っておいた方がいいかなと思います。
これは精神的ストレス(持ってないときの)を軽減する大きなアイテムだと思う。

1次の備え

この時点でもキリがないのですが、私が用意したのは以下です。

  • 簡易トイレ×3
  • トイレットペーパー
  • アルミシート(防寒用の羽織+敷く用)
  • 軍手
  • ロープ
  • ライト
  • 非常食
  • タオル
  • 身体ふき用のウェットティッシュ
  • 常備薬
  • コンタクト/眼鏡
  • 下着
  • 携帯の充電(ソーラーバッテリー)
  • 給水袋
  • 小さい椅子(アウトドアグッズであるやつ)
  • 衛生用品(生理用品やオムツ)
  • ラップ
  • 水のいらないシャンプー
  • 現金(1万円)

結構多い。。。

衛生用品(ウェットティッシュとか)は自分の潔癖度合いと相談ですよね。

私はちょっと潔癖なところがあるので、入れました。

Amazonでポチしたのもあるので、ご紹介すると。

◆簡易トイレ

◆ウェットティッシュ

結構大きい&重いです・・・。

◆携帯の充電

◆水のいらないシャンプー

シャンプーとウェットティッシュは3.11で被災した同僚が「お風呂に入れないのが辛い」と言っていたので、我が家は用意することにしました。

以上のものをナイロンの軽いリュック(モンベルとか)に入れています。

2次の備え

2次の備えは基本的には1次の備えのストックという位置づけですね。

お風呂に水ためたりとか、食料品等。

まとめ

こういったものを準備はしていますが、いざとなったらどうなるか分かりません。

何番煎じか分からない記事を書いたのは、自分のためです。

どういうものを用意したかの振り返りにもなりますし、纏めるにあたって再度防災グッズについて調べます。

あと必要だと思うのは、簡易トイレとか1度使ってみること。

やり方を知っている、経験があるというだけで精神面で楽になると思うので。

災害が起きないことを祈るばかりですが、準備だけはしっかりしていきたいと思います。